忍者ブログ
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





と、いうわけで、戦国無双の蘭丸を描いてみました。
蘭は愛いな…
実際信長の正妻の濃に嫉妬しまくりで不仲だったとか、
濃超ジェラシー!的な愚痴を信長宛に手紙に綴ったり、
あんまり可愛いから秀吉もイイナー的な反応だったかな?
ほんとなんかもう蘭は見てると、愛い奴よ…と言いたくなる。

でもただの小姓にとどまらず、すんごい外交の才能があったそうですね。
信長と長定の天下、ロマンが詰まってますね。


さてさて早速FF9やりました。
マジで久々!
発売した2000年以来だと思うので12年ぶりとかですか。
名作は何年たってももう一度やりたくなりますね!
ま、全然内容把握してないからやるわけですが。

まずはプリマビスタ劇場挺にてタンタラスの本日の作戦の確認が入ります。
これから劇団タンタラスはアレクサンドリアで劇、君の小鳥になりたいを上演。
その幕間に裏の顔である盗賊タンタラスとして、アレクサンドリアの美しき姫君、ガーネット姫を誘拐する…

そのころアレクサンドリアではトレノから観劇にきた貴族や、
劇を一目見ようとはしゃぐ子供たちで賑わっております。
そんな子供たちと同じく、観劇を楽しみにする黒魔道士の子供が一人
城下町を歩いていました。
高揚して色めき立つ町並みに浮き足だった黒魔道士の子供は
あらゆる草むらや樽や人の家のベッドの下まで物色して回り
カードやアイテム、人様のへそくりにいたるまで残らず回収し、
さらに劇のチケットをチケットブースに持っていくことも忘れて、
広場で時間を忘れてナワトビに興じていました。
最初はタイミングがわからず1回2回しか跳べなかったものの、
何度も何度も挑戦し、徐々に2回から5回、5回から10回、10回から15回…
と飛ぶ回数を伸ばし、ついには20回30回と記録を更新し続けました。
それだけでは満足できず、まずは100回を目指し、じわじわと記録を伸ばしつつ、
ついに100回を越えたのでした。
げんじのカードを手に入れた黒魔道士の子供は有頂天でさらに走り回り
あらゆるアイテム金銭を回収して気がすむと、
ようやくチケットブースに向かいますが、そこでチケットが偽物であることを知らされ
愕然としますが、気を取り直して憂さ晴らしにカバオ君の大事なカードを横取りすると
話に聞いた裏通りのジャックにカードゲームのいろはを教わるため
ジャックを探します。道中ネズミのガキに絡まれますが、
華麗にスルーして、ジャックの説明を受けると、早速げんじのカードを
振りかざしてアレクサンドリアの全カードを手中に…!といきたいところですが、
折角序盤に手に入れた強そうなカードをいきなり取られては癪なので
保険をはるまでおあすげということで、とっとと先へ進んで
セーブポイントを探します。
ネズミのガキを追って鐘の塔に行くと、早速モーグリが降ってきて
セーブが可能になりました。
よし、これでアレクサンドリアのカードはすべて自分のもの…!
と目の色を変える黒魔道士でしたが、セーブの項目を選択したとたん
目が点になり頭が真っ白になりました。

セーブの空き容量が足りません

カードを差し替えたらいいのではないかとお思いでしょう
しかし残念ながらプレイハードはPS3なのです。

大容量がうりのPS3の容量が足りない?
意味がわかりません。
状況が飲み込めないまま黒魔道士の子供はセーブを諦め、
こうなりゃ今からエンディングまで突っ走るぜ!
と大変威勢のいい世迷い言を口走りながら
強行突破をはかりました。


でも全然無理でした。

プリマビスタが森に墜落した辺りまで進めて消しました。

また今度気合いいれてやりたいです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/07 みさき]
[12/29 管理人/aya]
[12/28 みさき]
[11/23 管理人/aya]
[11/22 みさき]
最新TB
プロフィール
HN:
aya
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]