忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3年連続大河鑑賞決定を記念して、

この俳優が演じる事でより一層人物の魅力が増した、いわゆるはまり役の、
個人的主観によるランク付けをしてみました。
そもそも全部見た大河自体少ないので、なんのあてにもなりませんが、直虎終わりかけでCSで義経の再放送が始まり、西郷どんが始まる直前にCSで篤姫総集編の再放送が始まりで、
ほぼ毎日大河を見ている状態なので、ランク付けせざるを得ませんでした。

さて、まずは女性陣トップ5!!

第5位!

2009年 天地人
華姫役
相武紗季

もうこれは御館の最後で勝ち取った5位です。
あそこがもう衝撃過ぎて…!!
本当に悲しかった…


第4位!

2016年 真田丸
寧役
鈴木京香

慈愛に満ちた寧と、鈴木京香さんの心地良い尾張弁がとても良かったです。


第3位!

2008年 篤姫
滝山役
稲森いずみ

2005年義経の常盤も美しかったけど、滝山のキャリアウーマンっぷりと稲森いずみさんの相変わらずの美しさとで、大奥いち好きでした!


第2位!

2005年 義経
丹後局役
夏木マリ

丹後局のやり手ババァ感と、夏木マリさんの超絶楽しんでる感が最高の人物でした!


第1位!!

2008年 篤姫
幾島役
松坂慶子

大河常連の松坂慶子さんですが、幾島が圧倒的に好きです。於一時代の鬼ババァから天璋院時代の心の支えだった時代までずっと最高に好きでした!


続いて男性陣!
沢山いるので絞りに絞ってトップ10!

第10位!

2014年 軍師官兵衛
石田三成役
田中圭

様々な俳優が演じている石田三成ですが、西軍視点で実は良い奴フィルターのかかった天地人の小栗旬さんや、真田丸の山本耕史さんもよかったのですが、官兵衛の、東軍視点のただただ冷徹野郎な田中圭さんの石田三成が一番私好みの石田三成像でとてもよかったです。


第9位!

2016年 真田丸
直江兼続役
村上新悟

天地人の妻夫木聡さんももちろんよかったのですが、
直江状を送りつけて、最もなことを言って論破し、しれっと毒付きそうなのはやはり村上新悟さんの直江さんだな、と。
そして、そっちの直江さんの方が、圧倒的私の理想。
爽やかパワハラ。義と愛がなせる技。


第8位!

2014年 軍師官兵衛
黒田官兵衛役
岡田准一

大河に対するジャニーズ起用は、どちらかと言えばアンチ寄りの人間なのですが、
岡田くんは別格だと思う。
理想通りの素晴らしい黒田官兵衛でした!


第7位!

2009年 天地人
上杉景勝役
北村一輝

龍が如くで元々好きな俳優さんでしたが、景勝で更に好きになりました。
割と猪な妻夫木兼続を冷静にたしなめたり、逆に兼続に背中を押されたり、と思いきやお船に恋してドギマギしたり…やっぱり一番忘れられないのは、お菊が死んですぐ、秀頼誕生のお祝いの辞を述べに行った時の、誠めでたいこの日に…て言って言葉に詰まる景勝と、察して続きを述べる兼続の支え合う姿が印象に残っています。


第6位!

2005年 義経
平知盛役
阿部寛

阿部寛さんって、強そうだけでなく賢そうさもあって、本当に知盛や上杉謙信等仁智勇の武将が似合うなと思います。
壇ノ浦の知盛は本当にカッコよかった…。


第5位!

2017年 おんな城主直虎
徳川家康役
阿部サダヲ

去年は本当に徳川家康の見方が180°変わりました。
超絶アンチ家康でしたが、今岡崎城に行きたくてたまりません。
本当に三河のぼんやりよかった…。


第4位!

2016年
真田丸
豊臣秀吉役
小日向文世

これまでの秀吉って、猿っぽさと田舎っぽさを重視した役作りをされてきましたが、小日向秀吉はとことん人タラシぽさと内にある恐ろしさを重視されているように感じました。
それがすごく良くて、知っている秀吉役の中では小日向さんが圧倒的に好きです。


第3位!

2008年 篤姫
徳川家定役
堺雅人

ネジを巻けば良いのではないか!?
強烈な登場だった家定が、暗愚を演じながら篤姫に心を開き、2人で国を思う姿が本当に素敵でした。
この時代には異例の、同じサイズで同じ場所に並んでお墓があるというのがすごく好き。
これは堺さんにしか成せない愛嬌と影と愛だったと思います。


第2位!

2017年 おんな城主直虎
小野但馬守政次役
高橋一生

小野政次を全く知らない状態で見たので、本当に鮮烈な印象が残りました。
現代には奸臣としてしか残っていない小野政次を、あそこまで一貫して国への愛とおとわへの愛を貫いた描き方にも圧倒されました。
本当に良かった。
物凄く騒がれたお陰で、高橋一生=ミーハーな空気もあるかもしれませんが、そう言えば軍師官兵衛の井上九郎右衛門もめちゃくちゃ存在感ありましたよね。良い俳優さんなんだなー。


第1位!!

2016年 真田丸
真田昌幸役
草刈正雄

満場一致でよろしいでしょうか笑
歴史として表裏秘境と残っていて、イメージとしてもくえないおっさんというのが定着していて、
そこにぴたーーーっと入ってきましたよね。
草刈正雄さん、昌幸をやるために生まれてきたみたいな人だろ。
意外と他の大河では真面目な政治家役の多い草刈さんですが、昌幸やってる時の伸び伸び感は半端じゃなかった。
兄上のツッコミがちょうど良かったしなぁ…。


以上主観と狭い範囲でのランキングでしたが如何でしたでしょうか?

ランキングには漏れましたが、特筆したいはまり役も語っておきます。

2005年 義経
佐藤継信役
宮内敦士

この人俳優と声優半々でやってる人なんだ。
どっちも一線で活躍してて凄い…。
通りでえぇ声やと思いました。
義経主従は本当にこの継信でまとまっていたなと思います。
武士として、御曹司としての立ち振る舞いも的確にアドバイスしていたので、後半の義経の暴挙は継信がいなくなったからだと思う。


2009年 天地人
伊達政宗役
松田龍平

世界のケンワタナベには遠く及ばないかもですが、近年の伊達政宗の中では一番この人が良かったかなと思います。
松田龍平さん、良い味のある俳優さんですよね。
お父さんの血を色濃く継いでいると思う。
弟は何故あんなにもチャラいのか。あれはあれで良いキャラですが。


2014年 軍師官兵衛
小早川隆景役
鶴見辰吾

この人、義経で超絶ダメ殿、平宗盛と、天地人でダメ家臣、明智光秀やってたんだよ。
ヤクザ役やらせるとカッコイイのに、歴史やらせるとダメ役多いイメージでしたが、隆景良かったなぁー。


2017年 おんな城主直虎
今川氏真役
尾上松也

常時のダメっぷりと、非常時の冴え渡り感がすごく良かったです。
家名としてはしぶとく江戸幕府まで生き残った実はやり手っぷりがすごく表現されていたなと思います。
尾上さんの氏真可愛かったなぁ。


以上でーす
PR
あけましておめでとうございます。

宣誓

3年連続大河見ます

今年はお休みする予定でした。
幕末は守備範囲外な事が理由でしたが、


島津家推しなので見るしかなくなった。


島津家って、まぁ、豊久なんですけどね。

いやだって、島津家濃すぎませんか?

久光可愛過ぎかよ。

斉興と由良におもちゃにされてるのに、おにーちゃん大好きを前面に押し出して、

可愛過ぎかよ。

篤姫の久光も好きでしたが、

青木久光の今後が気になり過ぎます。

そして世界のケンワタナベが圧倒的存在感過ぎてもう。
篤姫の高橋斉彬も十分圧倒的だったのに、

かるく超えてきた。

そして小吉くんの号泣に号泣したとこで年の瀬まで見続ける事を決めました。

これからの事を思うとワクワクします。

今年も多分やってます!よろしくお願いいたします!
お経上げながら声を詰まらせる昊天さんと傑山さんから決壊し始めたけど、
直親と直虎、 政次を継いで直政のとこで崩壊しました…

ちょっと想像以上に良かったよ今年の大河…!!

なんだろう…漫画で言うとベルサイユの薔薇かな…
色んな形の愛が土台にあって、全体的に少女漫画テイストなんだけど、歴史らしい血生臭さとか、でも歴史の所謂合戦のリアリティよりも、そこに生きた人々のリアリティに重きを置いてて、何より一話一話と、全体の一年が凄い綺麗に纏まってて、繋がってて、ここでこれがくるかってゆー…!!!
あーーーっもうこのまま来年も井伊直政で井伊直弼に石を継いでいって欲しいよ…!!!!

ホントによかったです…徳川好きになりました

HDD残量の都合で嫌われ政次より前を消してしまったのが悔やまれる…!!!!!
後半だけでもダビングして永久保存しておきます…!!
いつかのCS放送を気長に待とう…
とんでも無く仕事が忙しい

これだけは、これだけは言わせて…


未だ嘗てこれほどまでに徳川を好きになった事があるだろうか


徳川サダヲが良すぎてもう…!!!!!

もうね…!!駿河をとったぞって、杯3つ並べてるのとかもうね…!!!!!

やっぱどんだけ盛っても、日本史の最高峰は武田滅亡から本能寺だと思う。
あのへん濃すぎる…
なんやかんやで今年の大河も毎週欠かさず録画して見ているのですが、

今日のは政次よりギャン泣きでした

政次はもうね、小野の立場と、鶴松の立場を全うした悲しいけど美しい最期だったじゃないですか。

泣くというより、あまりにも2人の壮絶な覚悟に、もうただただ息も出来ないような。

ただもうね…!!

信康は…!!信康はあかん…!!!

なんか、関西だからでしょうか、三傑の中で徳川派という人に今まで出会った事が無くて、私自身徳川周辺を学ぶ事ってほとんど今までなくて、興味もなかったのですが…。
戦ムソで信長にビビって嫡男と正室斬ったことはなんとなくなら知ってはいたので、てん末は知ってはいたものの…

もうあの、岡崎衆が、若っ!!つって泣きすがり自分の首を差し出してどうにか若を助けようとするあのシーンはもう…!!!!

あのシーンが岡崎の集大成じゃないですか…!!
信康のして来た事じゃないですか…!!!

そして、自分の首ひとつで徳川を助けられる事、信康のあの背中は分かってましたよね…!!!
真の悪に屈した殿に悔し涙を流し、自分を助けようとしてくれる家臣を落ち着かせて、その命を徳川の今後の為に使わせようと一層に岡崎衆をまとめましたよね…!!!

なんという出来た殿ですか…!!!!

もう口抑えて嗚咽抑えるぐらいに泣けたんですが…!!!!!!

氏真ー!!氏真そろそろ仕事してー!!!
次回の、「氏真いい加減仕事する、かも」の回期待しております…!!!!

ちょっと戦ムソ徳川章やり直そう…。
直虎で隅々まで見直そう…。

関東ではやっぱ三傑といえば徳川なんやろうか…。
関西ではわりと当たり前のように魔王か猿の二択になっている気がする…。
徳川も面白いな…本買って来なきゃ…。

あぁぁあああ!!もう戦国で現代社会パロ創作やりてぇぇぇぇぇ!!!
大口の取引先の織田社から毎度無理難題ふっかけられる中小企業の徳川社…!!
営業部の石川部長が本社と取引先の織田社との間で奮闘するも些細な行き違いから織田社からの大クレームが膨れに膨れ、本社浜松店から酒井本部長がお詫びに向かうも、事が大きくなってしまい岡崎支店が責任を取る羽目に…!!
小さい小さい三河町工場から始めた徳川社最初の足掛けとなった岡崎店…。本社社長家康から譲り受けた長男信康が、数々の苦境を乗り越え社員一丸となって支えて来た岡崎支店の代表取締役の辞任にまで追い込まれた徳川社を救えるのは…!!?

次回!三河町工場時代からの取引先、今川社が動く!奮闘する新入社員万千代君の熱いプレゼンは岡崎店を救えるのか!?

今も昔も、会社は常に、戦国の世ですね。
ついに最終回を迎えましたね〜

今まで全話見て保存もしてる大河が
天地人と黒田官兵衛なんですが、
毎回泣かされてた天地人や、
毎回ワクワクハラハラドキドキな黒田官兵衛、
篤姫も好きなんですが、これも毎回泣かされたり
きゅんっとしたり、、、

これまでの物とは全く違う今までにない大河で
本当に最初から最後まで楽しませてもらいました。

これは総集編まで永久保存だなぁー。

55歳からの顔芸沈黙も良かったんですが、
なにげにダメ田十勇士の再登場が凄く好きでした。

真田幸村、そりゃね、嫌いだなんて言う人いないですよ。

こんなに真っ直ぐ生きれたら、どんなに幸せでしょうね。

なんで人って、妥協しちゃうんでしょうね。
自分はここまでだって、線引きしちゃうんでしょうね。

そうせざるを得ない状況があることが十分に理解できるからこそ、
人は真田幸村を賞賛し、羨望し、奉るんですよね。

マジで日本史のラストサムライだな、信繁。
一時史上最強の黒い主人公、と騒がれていた黒田官兵衛だが・・・

今日は見事に秀吉がクソだったな。

そして、三成が最強に感じ悪かったな。

あのマッサージはあれだろ、放送用だろ?
本当は違うマッサージしてたんだろ?
知ってんだぜ。

来週も秀吉がクソっぽいな。

おかげで史上最強の黒い主人公は薄まりそうだ。

長政が徳川にホの字なトコとか、
官兵衛が三成にオコなトコとかがちょっと
露骨過ぎる気もするけど、
全員関ヶ原に続く意思の強さが描写されてて面白い。

しかし岡田くん、新しい武将と並べども並べども

背が小さいな。

ジャニーズってみんな175cm以上みたいな取り扱いだけど、
実は全員175cm以下なのかな。

いいんだけどさ。

いいんだよ。

イケメンがちっちゃかろーがおっきかろーが。

しかし、
やっぱり、
三成感じ悪いなー。

いやー。

感じ悪い。

褒めてるんですよ?

感じ悪いわー。
結局去年はなんやかんや言われながらも
清盛全部見たのですが、
いや、言われるほど悪いとは思いませんよ?
確かに盛り上がりにかける時代で、
コアなファンか物好きしか寄り付かなそう
ではあるかもしれませんが、
まぁ報道の力もあるかもしれませんが、
最低視聴率に値するとは思いませんよ。
良いところ、そう、例えば……
良いところ…良いところ…
盛国が鬼カッコいいとか?ね?

で、まぁ今年ですよね。
集中力が続かないので、基本飛び飛びの
年にしか見ないのですが、好評みたいですね。
八重の桜。
綾瀬さんの気合いの入りようがすごいとかで、
現場がいい刺激になっているとかで。
現場が終止ギスギスしていた清盛とは大違…ゲフゲフ。

めっちゃ気になってきているのですが、
途中から見るのはそこまで抵抗はないのですが、
何て言うか、ここで明らかな清盛との差を
感じたりなんかしちゃったら、
なんか、この、敗北感?
清盛そんな悪くなかったし。で、自己完結
しているものが、去年一年時間返せ、
みたいな、自暴自棄にならないだろうかと。

いや、だから悪くはなかったんだって!

このまま日8はイッテQでいくか…
どうしよう…

なんか、評判に乗るのも嫌だしなぁ…
自ら見たやつは定評で、評判に乗っかったやつは
良かったじゃんほれ見ろ!みたいなことに
なってもまた敗北感……。

皆さま見てます?
見るべきですか?

篤姫もこんな感じで見なくて結局再放送探し回った
んだよなぁ……。
そして篤姫は良かった……。
新撰組!の敗北感……。

清盛を負かしたくないよ…。
だって、悪くはなかったし。

ちょっとだけ、ちょっとだけ見ようかな…?
ちらちらっと。
まず取り合えず言わせてください

伊東四朗コノヤロォォォオオ!!!!!!

改めまして、ご挨拶が遅くなり申し訳ございません。
明けましておめでとうございます
本年もゆるゆるな当サイトと適当な管理人共々よろしくお願いします

さて、大河が今日から始まってますね。
ご覧になられた方は、冒頭いてもたってもいられず叫んでしまったものと同じ思いを感じておられるのではないかと思います。
伊東四朗で日本国民の気持ちが繋がったと思います。

もうほんと舞子悲し過ぎますよね…
忠盛の、死んでも子を守るのが母の務めであろう!
ってのがズンときました。
そのあとに、自分と、自分の子を伊東四朗に楯突いてでも守ろうとしてくれる忠盛の為、子のためにと覚悟を決めた舞子の姿には涙せずにはいられなかったです。

そしてその子が清盛だとは。
そんな出生の秘密があったとは知らなかった……

そして幼少期役がまえだまえだ弟なのにビックリした。
兄も出てきてもっとビックリした。
ここの親はやりたいと言ったことはとことんやらせるんだろうな、それで大河出てるんだから、すごいよな、と
感心してしまったし、弟の演技にも感心しました。
この兄弟ホント地味に幅広く活躍してるよ。

あとは最後の最後にまたも伊東四朗が暴走してましたよね。
三上さん泣いてんじゃん。
そら泣くわこれは。

これはもう次回も見なくては。
伊東四朗の更なる躍動を期待せずにはいられない。
そして知らなすぎるこの時代のドラマに非常にワクワクさせられます。

いいね。
去年は見なかったけど、今年は見ちゃうよ。
毎週楽しみだね。

篤姫最終回見ましたー。

あー…ヤバい…(;_q)
マジで毎回泣けた…

歴史のすごさと言うよりは
人のすごさを知る大河でした。


あと半年…
何を糧に生きれば…(´Д`)
とりあえず、
平清盛と、新島八重は見る予定です\(^o^)/

さて、言い訳も済んだところで、通常ブログもザックリ書いておきます。

最近私がはまってみているドラマは、
平日毎日再放送されている篤姫です。
寝る前に篤姫が日課です。
現在終盤に差し掛かり、薩長同盟が結ばれ、幕府どーなんの、マジ薩摩どーなんの的展開になっております。

そもそもの見始めたきっかけは、日本代表対J選抜の、あの日本中を元気にさせたチャリティーマッチを見に行った時の事。
試合前のスクリーンに映し出された日本を応援するムービーに、会場で思わず涙した人も多いはず。
私もその一人で、友達と思わず目を潤ませ、皆でスタンディングオーベーションをしたことは大切な思い出で、
凄く勇気とパワーをもらいました。

後々わかったことで、そのムービーに使われていた曲が篤姫のテーマ曲だったのです。
そんなこんなで、曲やっべ、超見たい、という思いが強くなり、兼ねてから私が好きな天地人より高視聴率だったことで気になっていたこともあり、
見たいみたいと思っていたら熱すぎるタイミングで再放送を発見したわけです。

で、途中からですが、今日まで欠かさず見ているのです。
丁度輿入れ前辺りから見出して、まぁ直五郎さんや薩摩との絆部分がガッツリ抜けてはいますが、
その辺は適当人間なので、雰囲気で察します。

回を重ねるごとに見えてくる全体像、……ん?
てゆーか、これ、大奥のよくあるパターンじゃね?
昼メロじゃね?
江戸のしきたりとかめんどくさーい、滝山マジこえー、幾島うるせーしー、姑に嫌われたー、てかお志賀マジジェラシー!!!!
ってゆー。
おいおいざけんなと。
これ視聴率上げてたの9割方昼ドラ好きの主婦層だろ。
ちげーよ、私が見たいのは歴史なんだよ!!
将軍ともこれ、つきはなしたり愛し合ったり!愛は大切だよ愛は欠かせないよでも他人の愛はどーだっていーよだいたいでいーよ!!!!
ガッデーーーーム!!!!!!!!

とかなってるウチに家定様がみまかられました。
もうその辺りから毎回泣かされてます。

そら近年ナンバーワンやわ。
ナマいってさーせん。
ヤバい。

「御代よ…なぜ会いに来ぬ…わしからはもう…、会いに行けぬというのに…」

「一月も前ではないか…!なぜ妻である私に伝えぬ!!…つれて行け…上様のところへ連れて行け!!!!」

今思い出しても泣けます。
篤姫の、上様の、痛いほどの想いに。

斉彬の薩摩大名としての誇りと、娘への愛。
幾島のあまりにももどかしく切ない人間らしい思い。
井伊大老の暗雲渦巻くまっすぐな誇り。
西郷の忠義と熱い心。
帯刀の薩摩を愛する狂おしいほどの思い

篤姫の、覚悟

すべてに泣かされました。

いよいよ倒幕、明治維新へ、
完全に虜です。


あの夏の陣はどうなのよ?
いつ幸村は徳川陣営まで突撃するんだろうとか
最後の大戦、上杉はどんな働きをするのだろうとか
天下人の側室が一人の母となっていく姿とか、
えぇ?大阪夏の陣にどれだけ期待していたか。

確かに主人公は兼続なんだから、まぁそんな
大々的に幸村の活躍を取り扱うことも無いだろうとは思うけど
いやでもさ、三成は最後があったのに、
この差は何?
そりゃ話数足りなくなるよ。
もっとだらだらやろうよ。

千救出だってえらい美談にされてるし。
史実通りで良いじゃん。
確かに淀が豊臣の最後に泥塗ったかもしれないけど
あれが母の姿であり、人の姿なんじゃないの。

なんか、こんな感じでした。みたいな扱いだった・・・。
お金ないのかな・・・。
期待してたぶん拍子抜けでした。

ただ、景勝が菊に報告してる姿は切なかった・・・。


今週もいっぱい死にました。

そしてその度泣かされている私。
いやぁ今年の大河は良い。

じゃぁ死んだ人を振り返ってみよう。

まずは母上様か。
それから謙信が死んだり、信も死んだり、みっつーも死ぬし、
あとは景虎ね。御館の乱はマジ悲しすぎますわぁ・・・。
で、未だベストボロ泣きに君臨する華。

華は悲しかったなぁ・・・。
純粋で明るくて、愛に生きた女性だった。

「華は、幸せでございました」

どうしてそんなことが言えるのか。
本当に、本心から、愛しそうに言う彼女を涙なくして見れようか。

ホンマ悲しい女性だった・・・。

信綱の死亡フラグの立ちっぷりは笑えたなぁ・・・。
あ、こいつ死ぬ。
思わず口走ったね。

あとは上田衆の男前の人。
あれも分かりやすい死亡フラグだった。

あと誰かな。
鶴松とか秀吉とか、あと三成か。

「兼続に伝えよ!」

ばさーって。
あれも泣けるねー。
それよりも左近の背中の方が、最後の侍のかっこいい姿だった。

そんでからー父上も死んだな。

そんで、セカンドボロ泣きが彼女だね。
菊姫。
もーヤバイ。
かつて宿敵だった上杉に対して、これほどまで思ってくれ、
天下を案じ、家臣を案じ、何よりも殿を愛してくれたお方でした。

景勝が、秀頼への祝辞を述べる際、
「まことめでたいこの日に・・・」
て言って言葉を詰まらせ、泣き崩れる姿は、もう、
胸が痛すぎる・・・。

あとは竹松が死に掛けたり、長女が死んだり、
もうホント踏んだり蹴ったりだよ上杉。

来週は仙桃院様が逝きそう・・・。

最後は幸村かな・・・。



カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/07 みさき]
[12/29 管理人/aya]
[12/28 みさき]
[11/23 管理人/aya]
[11/22 みさき]
最新TB
プロフィール
HN:
aya
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]