忍者ブログ
[602]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [592]  [591]  [588
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日から公開のハクソー・リッジ観てきました。
メル・ギブソン監督の、実話に基づいた第二次世界大戦の沖縄白兵戦での話なのですが、
基本的に戦争映画って好きじゃないんですね。
ただ単に本当に暗澹たる気持ちになるってゆーのもあるし、勿論人類の最大の失態であり愚かな殺し合いだった事は、定期的に話題にしないと人間はすぐに忘れる生き物なので、必要だとは思うけど、でもなんか煮え切らない気持ちになるので、好き好んで見る事はなかったのですが、このハクソー・リッジを観て、その煮え切らない気持ちが何だったのかが分かった気がします。

戦争映画って、勿論悲惨さや愚かさ、その中で一人一人が極限状態の中精一杯必死で生きていたんだってゆーものが大半だと思うのですが、どこか、根底に、ナチ野郎自決野郎をぶっ殺してアメリカが世界に平和をもたらした、勇気を持って戦った英雄達を讃えようぜ、ってゆー考えがあるように感じていたんだと思います。
物凄く言葉が悪くてすみません。
勿論それが言いたくて作った映画じゃないことも、監督も全くそんな想いはなく、純粋に戦争の虚しさを伝えたいってゆー思いで作ったかもしれないし、勿論戦争映画のすべてをしってるわけでもないので、むしろあまり好きでない分本当に話題のものしか見てないですし、話題になってても見れなかったものもありますし、戦争映画を語れるような知識は無いのですが、でも数少ないこれまでの戦争映画には、なんとなくそういう、本当に本人が気付いてないぐらいの思想の根底の、奥底の根っこに、敵を殺して世界が平和になった、ってゆー考え方がなんとなく見えていたんだと思うんです。

でも、このハクソー・リッジは、それが無かったんです。いや、明確には、その他の登場人物のキャラクターとしての根底は大いにそれだったのですが、主役の、銃は持たないと言う信念を貫き、日本で1番の激戦と言われている沖縄上陸戦で武器を一切持たず、衛生兵として敵味方関係無く戦場を走り回って手当てし、戦線離脱させる姿は、もっともっと大きな、敵を殺して世界が平和になった、なんてそんなチープで安易な考えで無く……あぁ、本当にクソみたいな語彙力で全然言いたいことが言葉にならない!!

ただ、アメリカ兵は頑張った!ナチはこんな酷い事してた!日本は死にたがって野蛮だった!ってゆー描き方がスゴく嫌だったんだと思うんですね。
でもハクソー・リッジには、日本には日本の思想、歴史、信念があったんだってゆー描写があって、なんか、アメリカと日本が、天秤の上で同じ重さだったように見えたんです。
決して、日本も頑張った!カッコ良かった!って言って欲しいわけでは全く無いです。
絶対に美化しては欲しく無いです。
日本の突き進んでしまった道は、100%間違っていたと思います。人では無く、国として。
私は隣国に対しても、日本国の行った数々の暴力は100%間違っていたと思っています。
ただ、同じだけ、アメリカも、100%間違っていたと思っているんです。
隣国も、結局暴力に対して、同じ暴力で対抗する、戦争と言う、最も、文明ある人間が登ってはならない土俵に、同じように登った時点で、どちらも100%間違っていたと思うんです。
あれだけ文明があり、歴史があり、思想のあった国同士が、殺しあう事でしかお互いの文化や思想を理解し合えなかったってゆーのは、人間として、国として、本当に愚かだと思います。
ただ、これまで見た戦争映画は、50:50に間違っていたと言う根底でなく、確実にアメリカ映画ならアメリカに、日本映画なら日本に、少し傾いていたように感じていたんです。
それを、このハクソー・リッジの主役であるデズモンドが、どっちも間違ってるよ、って、本人はそれが言いたいわけじゃ無いんだけど、ただ自分の信念に従ってるだけなんだけど、でもその、自分の命がかかっていても信念を曲げないその姿が、どっちも間違ってるんだなって、画面の中のアメリカ兵にも、日本兵にも、そして、見ている日本人にも、アメリカ人にも考えさせるような行いだったんじゃ無いかな、と思いました。

武器を持たないと言う信念を、あの状況でも貫ける自分への強さを、自分は持てるだろうか。
でも、持たなきゃダメなんだよ。
核を持たない国、平和を象徴する第一人者である国の人間として、どんなに脅されても、ブたれても、助けを求める人の力になれる人間でいなくちゃ、国であらなくちゃ。

映画好きで、200本ぐらい観てますが、戦争映画を人に薦めることはまず無かったのですが、これはちょっと観て欲しい。

やっぱメルギブ様すげぇな……。

そして、サム・ワシントン、アメリカ映画俳優で2番目に好きだわカッコいいわこの人……。
お首が大変太くていらっしゃるし、お声がとても渋くていらっしゃるし、とってもキュートな目でカッコいいわぁ……。
1番はジェラルド・バトラーですね……。
揺るがねーわレオニダス王。

ただ、この映画、ホラー映画とスプラッター映画に耐性のある方向きです。
メルギブ様リアリティにこだわる方なので、ブシャーとかピューピューとか盛り沢山ですので。
あと、つい数年前に人間同士が行ったことなのかと思うと、本当に涙が止まらないですからその辺も覚悟が必要です。
普通に生活する上では味わったことのない涙が流れますので。悲しい悔しい辛いとかゆーレベルじゃない涙です。
それでも、これは、観るべき。

何言ってるか分からないけど、何言ってるか分からないぐらいでいーと思うので、ま、いーか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/07 みさき]
[12/29 管理人/aya]
[12/28 みさき]
[11/23 管理人/aya]
[11/22 みさき]
最新TB
プロフィール
HN:
aya
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]