忍者ブログ
[607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [601]  [602]  [600]  [599]  [598]  [597
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

関ヶ原観てきました。

取り敢えず、心臓の震えがまだ治りません。

圧巻です。

これまで、大河ドラマ、ゲームだけでなく、関ヶ原についてや、石田三成、大谷吉継、島左近、黒田、井伊、藤堂、島津、毛利、関ヶ原の主要な人物についての本も読んでいましたが、
その全てが映像化され、圧巻の世界観とリアリティー、戦の大迫力が形となった映画で、
本当に震えが止まらないです。

ただ、

原作司馬遼太郎ですので、

相当難しいです。

司馬遼太郎の本も持っていますが、言葉が難し過ぎて、一旦そっ閉じしていますので、それなりに覚悟はしていましたが、
とにかく難しいです。

例えば赤母衣衆に関するシーンがあるのですが、母衣の意味を知っているか、と言うシーンで、私自身勉強不足であ、それよく分かってなかった、知りたい知りたい、と思って観ていたら、丁度良く母衣というのは…と説明してくれたのですが、

その説明が難し過ぎて意味がわからなかった。

正直そんなんの繰り返しでした。

え?なんて?

え、何それ?

え、え?誰お前?

どうにかこうにかこれまで勉強した知識でストーリーを補完しつつ前半関ヶ原決戦に至るまでの話を観ていたのですが、

いざ戦が始まるともうそれどころじゃ無いです。

凄まじ過ぎて、もう、圧倒されっぱなし。

特にやはり岡田くんと平さんの演技が凄まじ過ぎて、更に戦国の世界観に相当こだわっているように見えて、リアリティーが半端ないのもあって、本当にあの時の関ヶ原に立っているかのような思いがして、圧巻でした。

もう1〜2回はスクリーンで見て、更にテレビで4〜5回観ないと、全部は理解できそうに無い。
ただ、それだけ観れるし、観る価値のある作品でした。

なんか、実際リアリティーにこだわるとこうなるんだろうなと思うけど、そうなると現代人には難し過ぎるなと思うと、大河ドラマって凄い親切に練りに練って作ってあるんだなと感心してしまいました…。

ちょっと圧倒され過ぎて言葉にならんです。
週末もっかい見てこよう…。

ただ、歴史好きにはタマラン感じであるのは間違いないと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/07 みさき]
[12/29 管理人/aya]
[12/28 みさき]
[11/23 管理人/aya]
[11/22 みさき]
最新TB
プロフィール
HN:
aya
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]